top of page

『理想の姿勢』とは一体何?~あなたの健康は姿勢が決める~

更新日:2023年7月20日

皆さん、こんばんは!

身体の健康は心の健康に直結すると言われていますが、その核心に迫るテーマ、「良い姿勢」について一緒に考えてみましょう。


良い姿勢って何?


「良い姿勢」は一体何なのでしょうか。それはまさしく「個人の健康を表した良い癖、もしくは習慣」そのものです。良い姿勢とは、筋肉が最も効率よく働くことができ、さらには胸部や腹部の内臓に最も負担をかけない理想の身体状態を指すのです。


逆に悪い姿勢とはどうでしょうか。悪い姿勢自体は悪ではありませんが、継続することで身体の部位に違和感や痛みを引き起こし、結果的には機能不全を招くこともあるのです。つまり、健康的な状態を保つためには良い姿勢が不可欠というわけなのです。





良い姿勢の具体例


では、どういった姿勢が良いのでしょうか?具体的な例を挙げてみます。


1. まずは横から見た時の身体のライン。

①耳の穴の後方(乳様突起)から②肩の真ん中(肩峰)、そして③股関節中央(大転子の中央)、④膝の真ん中(膝蓋骨後面)、さらに⑤外くるぶし(外果の前方)までのラインが地面に対して垂直であると良いとされています。


2. 次に、前から見た時の身体のライン。

鳩尾の左右の横にある肋骨(第10肋骨の前面)から②お臍から斜め下にある骨盤の尖った部分(上前腸骨棘)、そして③お臍から約10㎝下にある骨(恥骨)のラインが地面に対して垂直であることが理想的です。


これらのラインが揃っている状態が、人間の身体が最もバランス良く立つ状態であり、良い姿勢とされています。


まとめ


あなたの身体をイメージしながら読んでみてください。

悪い姿勢が長く続くと、筋肉のバランスが崩れ、内臓に負担がかかり、結果的に疲れやすくなったり、体調不良を引き起こすこともあります。

だからこそ、「良い姿勢」はただ体を美しく見せるだけでなく、健康を維持するための重要な習慣なのです。


自分の体を大切にし、健康を守るためにも、日々の生活の中で良い姿勢を心掛けてみてはいかがでしょうか?

今日の記事が皆さんの健康な生活に少しでも役立てれば幸いです。次回もお楽しみに!

閲覧数:57回

最新記事

すべて表示
bottom of page