ストレッチによる動脈硬化の改善効果について

フィトネスジムREAL代表の内倉です!


今回は

「ストレッチによる動脈硬化の改善効果について」

です!


実は動脈が硬くなることで①脳梗塞②脳出血③くも膜下出血などの発症のリスクが上がります!


周りにこの①脳梗塞②脳出血③くも膜下出血になった方がいるのではないじゃないでしょうか?


実は僕の祖父は脳梗塞になったことがあり、この情報を少しでも早く知っておけばよかった!

と思ったため、今回はこのような「ストレッチによる動脈硬化の改善効果」について書かせていただきました。


具体的にどの様なことをすればいいのかというと、


① 大腿四頭筋/前太もも

② ハムストリングス/裏太もも

③ 大殿筋/お尻

④ 中殿筋/お尻

⑤ 広背筋/背中

⑥ 大胸筋/胸


の体幹部のストレッチが効果的です。


次は1部位当たりの量になります!

1部位あたり30秒を目安で行うことです!

※高齢者は60秒


現在の研究で、

「柔軟性と動脈の硬さの関係」

では


男性はすべての年齢層

女性は高齢者


において、相関関係があると分かっています。


ですが、相関関係があるだけで、

「柔軟性がない為、動脈が硬くなった」

という因果関係を示すものではないです。


ストレッチは継続的に効果があり、中断すると元に戻ることも分かっていますので、

生活習慣の中にストレッチをぜひ取り入れてみて下さい!


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示