top of page

ダイエットと嗜好食品の微妙な関係:甘いものはほどほどに!

更新日:2023年7月4日

こんにちは、皆さん!今日もヘルシーライフスタイルに役立つ情報をお届けします。前回は、ダイエット中に推奨される「低脂肪高タンパク質食品」についてお話しました。今回は、ちょっと残念な話題ですが、ダイエット中に気をつけたい食べ物:嗜好食品について語ります。



なぜ注意が必要なの?


それは、嗜好食品の多くが「果糖」を含んでいるからです。果糖はブドウ糖に比べて脂肪への変換がしやすいため、過剰に摂取すると体脂肪となりやすいのです。さらに、果糖はすぐに栄養になるため、運動時以外に摂取すると脂肪になりやすい性質があります。


どんな食品に注意が必要?


具体的には、お菓子、アイス、スイーツ、果物などが果糖を多く含んでいます。特に加工食品は果糖が多く含まれていることが多いので、その点を頭に入れておくことが重要です。


では、完全に避けるべき?


それはちょっと違います。果糖が全て悪いわけではありません。実際、果物に含まれる果糖は天然の甘みで、ビタミンやミネラル、食物繊維もたっぷりと含まれています。ただし、量が重要です。1日に食べる果物の量は1個程度に抑えましょう。


また、お菓子やスイーツも完全に避けるのではなく、我慢の結果、過食を引き起こすよりは、適度に楽しむことをおすすめします。


最後に


ダイエットとは、一時的な苦行ではなく、健康的なライフスタイルを築くための旅です。その旅路の中で大切なのは「バランス」です。栄養素のバランスを保つこと、食事と運動のバランスを保つこと、そして何より、我慢と楽しみのバランスを保つことです。

閲覧数:9回

Comentários


bottom of page