ダイエットの成功は体重の減少ではない

今回は

「ダイエットの成功=体重の減少ではない」

についてです。


ダイエットしよう!と考えた結果、短期間の過度な食事制限を実施している方が多いと感じています。

「20代の頃は少し食事抜けば体重が戻ったのに、今は全然減らない。」

なんてよく聞きますよね?

これ実は体重は減っていても、ダイエットは失敗しているかもしれません。


肥満とは

肥満=脂肪滴が大きくなる

ということになります。


ダイエットとは

ダイエット=脂肪滴を小さくする

ということになるわけです。


体重にこだわるのを辞め、脂肪滴を小さくしたいと考えるべきです。

そうすれば本当のダイエットの成功ができ、リバウンドを怖がることもなくなります。


脂肪滴を小さくするためには

① 栄養不足の改善(貧血、副腎疲労、糖尿病など)

② 運動頻度の増加(週200分)





① 栄養不足の改善

脂肪滴を小さくするためには、脂肪を燃やす働きのある副腎が疲労しては小さくすることは難しいです。

不調がある時では、まずは不調の改善が先決です。

健康な身体=健康的な食事

と考えれば、不調の結果が肥満に繋がったと考えてもいいかもしれません。


② 運動頻度の増加

運動は高頻度で行うことがおすすめです。

運動をする意図としては、脂肪燃焼の大きな役割を持つカテコールアミン・ノルアドレナリンが分泌されることです。

トレーニングでしっかり追い込む!ことができれば身体を早く変えることが出来る為重要です。

ですがカテコールアミン・ノルアドレナリンを分泌が出来ればいいため、トレーニングでかなり強度で追い込む必要はありません。

1番は運動を高頻度で行うことが重要です。


体重よりも生活習慣に目を向け、ぜひ脂肪滴を小さくすることを意識して生活してみてください。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示