top of page

元気な身体を作る。70代女性の力強い挑戦

彼女はREAL会員である70代の女性、毎週、挑戦を続けてきた彼女の物語をお伝えします。



60代を過ぎてからというもの、彼女は転びやすくなってしまいました。

しかも、そのたびに体に大きな負担がかかるほどの怪我までしてしまっていました。




だけれど、それが彼女の運命だと甘んじて受け入れることはありませんでした。

なぜなら、彼女には挑戦の心があったからです。



そう、それが彼女がトレーニングを始めた動機でした。

そして、その結果は素晴らしいものとなりました。




彼女は1年間、一度も転ぶことなく、大きな怪我もしないで過ごしました。

それどころか、あぐらをかくこと、正座をすることも再び可能になりました。



それでは、この素晴らしい変化を生み出した要因は何だったのでしょうか。

彼女は自身の経験から二つの要素を挙げました。



一つ目は「コツコツと続けること」。

彼女は週に2~3回、定期的にトレーニングをしてきました。

それは半年以上にわたり、止まることのない挑戦の継続だったのです。



そして二つ目は、「身体を動かすこと」。

特に、彼女は下半身のトレーニングを重視しました。

それが彼女の体力、バランスを改善し、転ぶリスクを大きく減らしたのです。



彼女の物語は、誰もができることから始まります。

それはただひたすらにコツコツと、自分の身体を動かすこと。

それが積み重なった結果、彼女は大きな成果を得ることができました。



インタビューへのご協力、誠にありがとうございました。

彼女の物語は、年齢を重ねても自分を高めることを諦めないという力強いメッセージを私たちに送ってくれます。




年齢を重ねたからと言って、自身の可能性を否定してはならない。

それは、彼女の物語から学ぶ大切な教訓です。



これからも彼女のように、年齢をただの数字と捉え、挑戦を続けていく全ての方々にエールを送ります。




だって、どんなに年齢を重ねても、新たな一歩を踏み出す勇気があれば、誰でも自分の人生を大きく変えることができるのですから。



ここで終わりではない、始まりに過ぎません。




人生のさまざまな局面で躓いてしまっても、立ち上がって再び歩き始める。

それが、真の力を持つ人々の姿勢です。



彼女の経験が、読者の皆様一人ひとりに何かを与え、何かを始めるきっかけになれば幸いです。

70代の彼女が示した、転んでもただでは起きないその精神。

その全てが、私たちが目指すべき「健康」の真髄です。



今回のインタビューでお話を伺った彼女に感謝の意を述べます。




そして、これからも自分の人生を切り開いていく全ての皆様へ、この場を借りて声援を送ります。




生き抜く力は、それぞれの胸に秘められています。 「転ばぬ先の杖」ではなく、「転んでも立ち上がる力」を持つこと。

それが彼女の、そして私たち全ての人生の鍵となるはずです。




挑戦を続ける全ての人へ、心からのエールを送ります。

閲覧数:25回0件のコメント

Comments


bottom of page