top of page

姿勢は健康の鍵!股関節から膝までの理想のラインについて

こんにちは!

今日は身体の不思議で重要なトピックについてお話しします。

それは、股関節から膝までの「正しい姿勢」です。

これが知られざる体型や健康状態への影響力を持っています。


一般的に、「姿勢が良い」とはどういう状態を指すのでしょうか?

そこで重要なのが、股関節から膝までのラインです。

あなたの健康と体型に対する影響力は意外と大きいですよ。

なぜなら、このラインが崩れると、ウエストが細くなりづらくなったり、腰痛や肘痛になりやすくなったりします。


そこで、お伝えしたいのが、この一行の結論です。


「股関節中央(大転子)から膝の真ん中(膝蓋骨後面)のラインが、地面に対して垂直になる姿勢が理想的」


なぜこれが理想的なのでしょうか?

その理由は、姿勢のバランスによって身体の筋肉の緊張が変わり、それが体型や痛みに影響を与えるからです。


股関節中央より膝の真ん中が前に出てきてしまうと、裏の太もも(ハムストリングス)が硬くなり、股関節が上手く使えなくなります。

これが腰痛や下腹部の膨らみの原因となります。


逆に、股関節中央より膝の真ん中が後ろに出てきてしまうと、前の太もも(大腿四頭筋)が硬くなりやすく、これが膝痛の原因になります。


それでは、自分の姿勢をチェックしてみましょう。


股関節中央(大転子)と膝の真ん中(膝蓋骨後面)はどこにあるのでしょうか?


大転子の位置を確認するには、手をポッケに入れ、外に出す途中で「ぽこっ」と飛び出している骨を探します。膝を内側や外側に動かすと、この飛び出ている骨も一緒に動くのがわかるでしょう。


次に膝蓋骨の位置ですが、これは膝関節の部分で、お皿のような形をしています。


この骨は左右や上下に動くことができます。


身体を自分で触診して、姿勢の状態を知ることで、自分の健康と美しさを自分でコントロールする力が身につきます。


一日の終わりに、自分の身体を見つめて、正しい姿勢を保つことで、健康で美しい身体を手に入れましょう。


それでは、あなたの健康と美しさのための一歩が、今日から始まることを願っています!

閲覧数:5回

ความคิดเห็น


bottom of page