top of page

柔らかさも手に入れたい!」トレーニングで身体が柔らかくなる理由

こんにちは!

毎日健康でエネルギッシュに過ごすための情報をお届けするこのブログへようこそ。


今日は「筋トレ=硬い身体」なんて思い込んでいませんか?


その思い込み、今日で変わりますよ!


そうなんです、実はトレーニングをすることで、筋肉が強くなるだけでなく、身体も柔らかくなるんです。


結論から言うと、トレーニングはストレッチ効果もあります!


なぜそうなるのかというと、これは私たちの身体が持つ神秘的なメカニズムによるものです。


メインで動かす筋肉が収縮すると、その反対側の筋肉は自動的に伸びるのです。


例えば、アームカールを行ったとき、二頭筋(肘を曲げる筋肉)が収縮し、それと同時に三頭筋(肘を伸ばす筋肉)は伸ばされます。


このメカニズムが、トレーニング中のストレッチ効果を生んでいるのです。


この現象の背後には、身体の中の一連の反応が存在します。


収縮した筋肉の「筋紡錘」から求心性1 a繊維を通じて脊髄へと刺激が送られます。


この刺激は、抑制性の介在ニューロンを介して前角細胞を抑制し、その結果、筋肉の緊張が低下します。


つまり、筋肉が柔らかくなるのです。


一見、複雑に思えるかもしれませんが、大切なのは「トレーニングをすることで、筋肉は強く、そして柔らかくなる」ということです。


つまり、トレーニングは、筋肉を強くするだけでなく、同時に身体を柔らかくするストレッチ効果もあるんです。


この一石二鳥の効果を利用すれば、あなたも硬くなりがちな身体をしなやかに保つことができるでしょう。


ぜひ、次回のブログもお楽しみに!


強く、そして柔らかい身体を手に入れるための旅は、まだまだ続きますよ!

閲覧数:39回

Comments


bottom of page