top of page

脊柱管狭窄症の改善が坐骨神経痛の緩和に繋がる

今回は「脊柱管狭窄症の改善が坐骨神経痛の緩和に繋がる」についてです!




脊柱管狭窄症では、

脊柱管が狭くなる事で神経根や馬尾を圧迫してしまい、

坐骨神経痛が引き起こされます。




その為脊柱管狭窄症の改善に向けたストレッチやトレーニングが必要になっていきます。




脊柱管狭窄症の場合は、

腰を過度に反らしすぎて、

神経根や馬尾を圧迫しやすくなってしまいます。




その為「反り腰」の改善が必要になります。



反り腰を改善する為に、

背中の筋肉を伸ばして、お腹の筋肉をトレーニングしなければいけません。




背中の筋肉を伸ばして、お腹の筋肉のトレーニングに、

おすすめなエクササイズは、

「キャットバックブリージング」

です。


【手順】

①四つん這いの姿勢になる

➁背中を丸める

③その状態を保ったまま5~10秒間息を吐く

④その状態を保ったまま5~10秒間息を止める

⑤その状態を保ったまま5~10秒間息を吸う

※③~⑤を繰り返し10~20回繰り返し行う

※息を吐く秒数の方が吸う秒数より長くなるまたは同じ秒数で行う



坐骨神経痛の緩和の為にも、ぜひトレーニングしてみてください!





閲覧数:20回

最新記事

すべて表示
bottom of page