top of page

スウェイバックの姿勢:現代人の"無意識の敵"を解明する

こんにちは、皆さん!

今日はあなたが意識せずとも無意識にとってしまう可能性がある、"スウェイバックの姿勢"について語りたいと思います。


そもそもスウェイバックとは何か。

イメージがつかみづらい方も多いかと思いますが、これはなんと、現代人に非常に多く見られる姿勢なのです。

その特徴は、骨盤が前方に移動し、第10肋骨前端よりも上前腸骨棘が前方に位置し、骨盤が後傾する姿勢を指します。


この姿勢になると何が起こるかと言いますと、まず股関節の機能不全が引き起こされます。


さらに、反張膝を併発しやすくなるのです。


どちらも、日常生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。


それでは、なぜ私たちはこのような姿勢になってしまうのでしょうか。


実は、それは長時間座っている生活習慣が大きな原因です。


座る時間が長くなると、裏ももの筋肉が短縮し、腹直筋上部も短縮してしまいます。


また、外腹斜筋や股関節を曲げる筋肉が伸びてしまうことで、これらの筋肉が弱くなるのです。


さて、このスウェイバックの姿勢、一度ついたらそのままにしておいても問題ないのでしょうか?


実は、それは大きな間違い。


スウェイバックの姿勢は股関節の機能不全や反張膝など、さまざまな身体の問題を引き起こす可能性があるのです。


どうすれば良いのか、あなたも考えてみてください。


日常の生活習慣を見直し、正しい姿勢に意識を向けることで、健康的な身体を取り戻すことができるのです。


それでは、今日はこの辺で。あなたの健康と素晴らしい姿勢を心から応援しています!

閲覧数:6回

Comments


bottom of page