トレーニング中の回復が早い休み方

今回「トレーニング中の回復が早い休み方」についてです!


今回なぜこのような投稿かというと、ジムで自分を追い込んでトレーニングした際にしっかりとした休憩が出来ることでよりトレーニングの時短や効率的にトレーニングをすることが出来るようになるからです!


それではどのような休み方が効率よく回復出来るかというと


「下を向き、膝に手をつき、深く呼吸する」


という方法です!


よく部活動の先輩や指導者が

「下を向くな!」

と声をかける場面があると思います。

僕も学生時代にチームメイトにこのような声掛けをしていました。


ですが実はこれは非常に効率の悪く、あまり回復が出来ない姿勢に誘導してしまっています。


回復する際に重要なものは

「酸素」

になります。


激しいトレーニング後

A「頭の後ろに手を組み・上向きになる」




B「膝に上に手を置く・下を向きになる」



AとBの2つのグループで別れて、検証した実験があります。


Aのグループに比べてBのグループの方が

換気効率・二酸化炭素排出率の上昇・心拍数の回復したことが分かりました。


これからは

「下を向いて、膝に手をついて休め」

という指導者もこれから増えてくるかもしれませんね!

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示