top of page

反り腰が良くなるとポッコリ下腹がなくなる

更新日:1月22日

今回は「反り腰が良くなるとポッコリ下腹がなくなる!?」についてです!




下腹のポッコリお腹をどうにかしたい。

そんな悩みをありませんか?





実はそれは、腹筋だけしていても良くならないです。




下腹のポッコリお腹を良くする為には、

「下部交差症候群」

を改善する必要があります。




下部交差症候群とは簡単にいうと、

「反り腰」

の事をいいます。








下部交差症候群(反り腰)の場合、

お腹の筋肉(下腹)は特に伸ばされ弱い状態になってしまします。




お腹の筋肉が伸ばされ弱い状態では、いくら腹筋をしたとしても、なかなか下腹部のポッコリお腹は、良くなりません。




そんな下部交差症候群(反り腰)を改善する為には、

「お尻・裏太もも」

とトレーニングが効果的です。



お尻・裏太ももの筋肉には、

① 骨盤を後ろに傾ける、

② 股関節が内側に捻じれるの防ぐ

などの効果のある筋肉になります。




おすすめのトレーニングは、

① ヒップリフト

② クラムシェル

③ ワイドスクワット

などがおすすめです。




お尻や裏太もものトレーニングをすることで、下部交差症候群(反り腰)が良くなり、下腹部のポッコリお腹が良くなることができますので、お尻・裏太ももはしっかりトレーニングされてください!




閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page